Menu

治療内容

Home
治療内容 大津市 谷澤接骨院 滋賀県

こだわりの治療

次のような症状の方は、是非一度治療をお受け下さい。
腰痛で椎間板ヘルニアと診断されて症状の改善されない方、ひどい肩凝りの症状がある方、
筋緊張性頭痛、手や足のシビレ、五十肩、挫骨神経痛、
変形性膝関節症で腰に痛みや違和感のある方、
あごの痛み、脚のこむら返り、各所関節痛・神経痛。
これらの症状は、骨盤の仙腸関節からくる身体の歪みが原因かも知れません。

マッサージ手技

マッサージ手技


手指を振戦(ふるわす)しながら、各筋肉の走行にやさしく揉みほぐして血行やリンパの流れを促進し、自己治癒能力を高めます。

 

AKA療法

AKA療法

骨盤(仙腸関節)の関節のひっかかりをとることで、
身体の各部の痛みを軽減させる手技です。 痛みのある部分が悪いと思われがちですが、 実は痛みの原因は骨盤にあることが多いと言えます。
痛みの原因関節を直接ゆっくりと動かすやさしい治療法です。
除痛効果が高く即効性があり、子供から高齢者、妊婦さんにも治療できるほど 大変安全な治療法として広く知られています。
痛みには、まず、AKAを。
稀に治療後に、「痛みの変化」「だるくなる」などの症状がみられることがありますが、
身体が良くなるための好転反応なので心配ありません。

ゼロテープ療法

ゼロテープ療法

痛みやこりのある部位に、吸盤で皮膚を吸い上げ、その周りを囲む様に0状のテープを貼る除圧作用テープです。テープにより、皮膚が持ち上げられた状態が維持されることで、皮膚の緊張をとります。
その下の組織(筋肉・神経・関節等)の血行・リンパの流れを改善し治す力を高めます。
又、施術後の治療効果を持続させます。 

まとめ

すなわち、マッサージ手技で筋肉や神経を緩め、血行とリンパの流れを促進し、
痛みの元である骨盤(仙腸関節)の歪みをAKA手技で整え症状を改善し、
痛みのある場所をゼロテープで治療効果を維持して治します。
この3つを組み合わせることで絶妙の治療効果を上げることが出来ます。
痛みが取れずに悩んでおられる方、あきらめずご相談下さい。
 

交通事故治療について(事故からの流れ)

①警察、加入保険会社へ電話連絡をして現場検証を行い、事故の証明を取ってください。
②総合病院で、レントゲンやMRI、CTの検査をしてもらい医師の診断書を書いて頂きましょう。
総合病院で検査を受けなくとも、当院で治療は受けられます。
③患者様の心身の状態や事故の状況を知りたいのでお電話頂きお越し下さい。事故直後は安静が大切ですのでいろいろとアドバイスします。 077-522-2799
④事故を起こした相手の加入する保険会社に、電話で当院に通院する旨伝える。
★患者様は治療する医療機関を自由に選択する権利を持っています。
⑤当院にご来院下さいませ。患者様は治療に専念していただき、保険の手続きはこちらで行います。
※交通事故による治療は健康保険ではなく自賠責保険(自動車賠償責任保険)の取り扱いになります。
自賠責保険適応の場合、治療費は全額相手側が負担をし、患者様の負担(窓口での支払い)はありません。

事故後の症状

患部の痛みや、だるみ、しびれ、頭痛、吐き気、倦怠感等。
このような、症状は、事故後何日後かにも症状が出てまいります。
これは、ムチウチ現象といわれ、自動車で追突された際に頸部がムチの様にしなり、
一瞬で首の正常な動きを越え、頸椎の骨の中を通っている神経や血管、
骨と骨を繋ぐ関節やじん帯、筋肉にダメージを与えるからです。
事故直後大丈夫と思っていても、すぐに総合病院での検査をしておく事をお勧めします。
その他にも、腰・膝・肩等の事故で痛めた多様な症状に当院では対応させて頂いております。

治療内容

低周波治療で鎮痛作用を促し、マッサージ手技、AKA手技、ゼロテープ療法を症状に合わせ、
丁寧に行っていきます。手指のシビレには、頸椎牽引器で神経根の圧迫を軽減し、
自律神経や知覚神経にはレーザー治療を行っています。
 

スポーツ外傷と障害

スポーツ活動中に、関節を捻ったり、筋肉を伸ばしたり、ぶつけたりして、
患部に急性の炎症を起こす事をスポーツ外傷と言います。
また、誤ったフォームや繰り返しの動作により積み重なって、
炎症を起こす事をスポーツ障害といいます。
スポーツ中は痛みを感じなくても終了してから痛いというのは、スポーツ障害の始まりです。
放っておくとどんどん悪くなり、日常生活でも痛みを感じるようになります。

治療内容

当院では、微弱電流という機器とアイシングを同時に併用することで、
急性の炎症(はれ・痛み・熱感)を最小限に抑えます。
更に、レーザー光線を神経に照射して疼痛を鎮静させます。
軽症には、ゼロテープをはじめ各種テーピング療法、綿花と弾性包帯で圧迫固定をします。
また、中高度な損傷にはレナサーム(部分ギブス)で固定することもあります。
患部を安静に保ち、適切なリハビリ指導を行い、
早期にスポーツ復帰できるようにコンディションを整えていきます。
後日、治療計画書を渡しますので、日常生活やスポーツ制限の注意事項を守り、
完治に向けて共に頑張っていきましょう。